strace ./hogehoge

 プログラムを動的に解析することができる。プロセスが呼び出すシステムコールを記録し、内容を表示させることができる。一行当たりに表示できる文字数は32文字で増やしたい場合はsオプションをつける。

strace -s 1024 ./hogehoge
od -A x hogehoge

ファイルをバイナリ表示することができるコマンド。Aオプションをつけることでアドレスの情報を付加できる。

gdb hogehoge
(gdb) disas main

gdbはデバッガである。disasし、フレームを指定することで逆アセンブルすることができる。また、動的にプログラムの実行状況を追跡していくことができる。

objdump -d hogehoge

逆アセンブルした結果を表示できる。

strings hogehoge

hogehogeに含まれる表示可能な文字列を表示してくれる。

readelf -a hogehoge

っていうのもあるみたいだ。